ダイエットサプリ飲み方注意点の詳細情報ページ

1日の推奨量目安を超えて服用しないこと

ダイエットサプリはサプリですので健康食品として扱われています。 このため、医薬品のように細かな服用量や摂取方法の指示を記載することはできませんので、推奨量や推奨摂取方法などといった表現で目安的に記載されています。

ダイエットの即効性や効果を高めて短期間でより大きなダイエット効果を実感しようとして、個人の判断で1日の推奨量目安を超えて服用し続けた結果、副作用被害を報告する方や副作用に苦しむ方も少なくないとのことです。

推奨量や推奨摂取方法などといった表現で記載されていても、その記載内容は安全な摂取方法を示しています。

小分けにして1日に複数回にわたって摂取をしたとしても、合計した摂取量が1日の推奨目安量を超えることがないように1日の摂取量に気をつけてダイエットサプリを服用するようにしましょう。

持病や薬との飲み合わせに気をつける

ダイエットサプリはサプリの中でも副作用が多いことでも知られていますので、安全な方法での服用を心がける必要があります。

サプリ同士の飲みあわせで深刻な副作用が発生することは殆どないようですが、持病の医薬品との飲みあわせで深刻な健康被害や死を招きかねない程の重症な副作用を引き起こしてしまうこともあり、こうした被害の報告も少なくないようです。

また、日常的に薬を服用していなくても持病のある方のダイエットサプリの服用も副作用を起こす危険性が高いことで知られています。こうした方はダイエットサプリを服用する前にかかりつけの医師に問い合わせて、そのダイエットサプリが持病に対して副作用を引き起こさないか確認を行ったり、自分が普段飲んでいる薬とサプリの飲み合わせの安全性を確認するようにしてください。

服用タイミングに気をつける

ダイエットサプリは正しい服用方法を行えば高い安全性をもちますが、配合されている有効成分によっては服用タイミングの違いで体に負担を大きくかけてしまう場合もあります。

食欲抑制効果、栄養吸収抑制効果、運動との併用で脂肪を効率的に分解・燃焼行う効果のあるものは食前の空腹時などが最善なことが多く、服用タイミングの目安がそのように記載されていることも多くあります。

特に服用タイミングが記載されていない上記以外のダイエットサプリは、食後が最適とされています。これは、空腹時に服用しないことで胃や内臓器官に負担をかけないためです。これによりダイエットサプリの副作用のリスクも低減します。


関連記事をチェックする ≫ ダイエットサプリの商品モニターで気をつけること

Top 基本情報 種類 注意点 美容系サプリ 低価格サプリ 海外サプリ